エアバッグ、というのは特に昨今の車に標準装備されているものですが、安全アイテムとしてはもう認知されて久しいですね。

しかし、エアバッグというのはあくまで万が一の自体の危険を出来るだけ減らす物でしかないので過信は禁物です。

安全装置のバックはどんな昨日になっているか

そもそも、どんな物かというと安全装置として有名ではありますが車に衝撃を受けた際にセンサーが作動し、運転席はハンドルから、助手席はダッシュボードから瞬間的にガスによってバックが膨らまされ、ぶつかる衝撃を和らげる、というようなものになっています。

車を運転する人ならば理解しているかと思いますが、特に正面衝突などの事故を起こした際、スピードが乗っている状態だと体が慣性の法則に従って前に飛び出そうとします。

シートベルトをしていても、レーシング仕様のシートでもない限りは完全に押さえつけているわけではないので、速度によっては思い切り正面にぶつかってしまう危険性があるわけですが、その衝撃を和らげる役割があるわけですね。

他にも、側面からの衝撃や乗員同士での衝突を防ぐため、膝や足元を保護する物もあるのですが基本的に原理は同じです。

バックは生命線になるほど安全保障されているのか

さて、この標準装備されている安全装置ですがそもそも事故の際に必ず生命線になるのでしょうか。

その結論は、自動車事故でバックが装備されるようになってから乗車した人の死亡事故が起きていないかということを考えれば言うまでもありませんね。

あくまで、これは保険であり出来るだけ危険時の衝撃を和らげるためのものでしかありませんので、バックで殺しきれないような衝撃が起きてしまえば、当然車内の人が死亡してしまう危険性は十分にありえます。

更に、前提としてこのバックは他にも安全対策…具体的にはシートベルトをしっかりしておく、ということが必要になっているからです。

交通事故の衝撃は凄まじく、時速数十キロで移動している車が突然止まれば慣性の法則が働くのですが、シートベルトをしてないと人間はフロントガラスを突き破って外に飛び出す場合さえあります。
なので、バックだけではとても防ぎきれないんですね。

車の衝突事故による衝撃の説明とバックの意味

自動車免許を所持している人ならば十分承知だと思いますが、教習所で急ブレーキ体験、というものを必ずしますね。
シートベルトなしで、時速10kmで走って急ブレーキを踏むとどうなるか、ということを体験しますが安全のために両手を前に突き出すように指示されますが、その程度でも実際に急ブレーキを踏むと体が前に飛び出そうとし、結構な勢いで前に手がぶつかることを体験したでしょう。

しかも、それはほとんど徐行程度の速度の話です。

普通に車を走らせていれば当然もっとスピードは出ているわけですからシートベルトなしでは待ちなくフロントガラスに激突します。

シートベルトをしていても、思い切り体が前に揺さぶられるのでバックがないと硬いハンドルやダッシュボードに頭をぶつけてその衝撃で死亡してしまうことがあります。

その致死性を回避するための物がバックなんですね。

安全装置は必ず命を守ってくれるものではない

ここまでいうと、バックは安全装置としての機能はとても高いように思えるかもしれませんが、交通事故の実際の現場というのは想定外のことが起こることも十分にあります。

確かに、衝突事故で真正面や横などに硬い部分に頭や体をぶつけて重篤な怪我をすることを防ぐことは出来るのですが、バックの膨らむ勢いとぶつかる衝撃が反発しあうことで、体に強烈な負担がかかったりして、それが逆に命に関わる事故につながってしまうことだって周知されつつはあるのですが、まだ知らない人も多いんです。

どんな安全装置も、それ単体が完璧な物ではないからこそ、使用者はそのことを理解した上で、正しく利用することが出来るようにしなければ意味がないです。